百万石タイムズ

チラシの裏

最近きになってる『雰囲気』の話

こんばんは、基本的に夜型なのでお昼過ぎにおきて朝方寝るという自堕落な生活を送っている。

最近雰囲気について考えることが多く、自分なりの考えや感じたことをまとめてみました。

 

 

 

考えるようになったきっかけは人に雰囲気が変わったと言われる機会が多くなったからです。

高校の友人からは落ち着いたと言われ、中学以前からの付き合いの人にはおとなしくなったと言われることが増えました。

大学から知り合った人たちには雰囲気が変わったと言われました。

 

「雰囲気が変わったのかなー」と特に気にも止めませんでした。

しかし、後々雰囲気ってなんだろうと考えるようになりました。

僕自身も雰囲気という言葉はふんわりとした意味で使っているし、捉えています。

 

雰囲気を構成する要素は2つ

恐らく雰囲気という言葉は物事やその場の環境から感じ取る印象のことを言うと思います。

人間が発する雰囲気の場合は、①無意識なもの②意識して行ってるものの2つに分類できそうです。

まず①の場合ですが、無意識なものですが、態度や表情、声の発し方、テンポ感などです。これらは意識と訓練で変えられそうなものから、遺伝子レベルで簡単に治せないあるいは不可能な物だと思います。

②の意識して行っているものは僕たち若者に馴染みあるファッションや言葉遣いなどがそれにあたります。

 

印象の良しあしというのはこの2つの要素をいかにコントロールして相手にどう感じさせるかで決定すると思っています。(少なくとも現時点で)

 

雰囲気を良くするには行動しかない

ただ、これをコントロールすることは可能ですし、少なくとも訓練次第で克服していけると僕自身常に思っています。

ただ、無意識な物はボトルネックとなりやすいし、意識して行ってるものは他人との差別化も難しい。。。

 

なので、僕自身①の部分を意識的にコントロールしていけば他人との差もつけやすく、一生身に着く財産になるのではないかと感じてます。

 

例えば、表情や自分の声を撮影してレビューしてみたり、他人からフィードバックを貰うことでよりシビアな現状を知ることもできます。

モデリング対象をみつけてそれを完コピする勢いで物真似してみるのもいいと思ってます(僕はちょいちょいやってます)

 

 

ただ、僕自身まだまだ他人に良い印象を与えられるとはお世辞でも言えませんし、思ってもいません。

簡単に雰囲気を良くすることもできず、ちょっとやそっとじゃ自分の印象は変わらない。

だからこそ、自分が少しでも多くの人に良い印象を与えられるようになったなら大きな価値になると思い頑張ってます。

 

こんな調子でぐだぐだ言ってますが、とにかく行動すればなにかしら変わるからやります、やってますって話。※直接お会いしたことがある人は僕の印象を教えていただけたら幸いです。

感想待ってます!