読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

百万石タイムズ

チラシの裏

2016年リリースされたアルバムを振り返って

どうも、しまおです。今年もそろそろ終わりそうです。

みなさんにとってこの一年はどのような年になったでしょうか?

僕の場合は就職活動が大きなイベントでしたね。将来を決めるべき選択をしなければいけないので大変でした。

 

さて、例年通りいくつかアルバムを聴いてびびっと来たものがあったので紹介したいと思います。

※リンク貼り付けまくりです。

 

 

2016年リリースおすすめアルバムたち

After the Burial - Dig Deep

www.youtube.com

 

アメリカのデスコアバンドAfter the Burialのリリースです。

昨年、不慮の事故でギターの方が亡くなってしまって、界隈では話題になってましたね。

失踪したのちに、発見されたそうで、非常に悲しい出来事でした。そんな彼の遺作だと思って聴いていました。

 

ダウンチューニングされた弦楽器隊に暴力的なグルーブは彼らの特徴ですが、恐ろしいくらいにやられました。

 

前作と比べるとギターのピロピロ感が薄れ、それを補うようなリフ、リフ、リフの嵐です。

 

こんな人におすすめ:デスコアやテクデスが好き、ダウンチューニングギターが好き、ストレス解消したい、世の中に退屈してる人

 

Anarchy - BLKFLG

www.youtube.com

日本語ラップの重鎮アナーキーの新譜が満を持して登場。アナーキーといえばリリックやビートがとにかくイケてる。

今作もアナーキーらしいリズムで終始ノレる楽曲群があって、最後まで楽しめます。

 

気になった方は是非過去作も聴いてみてください。

 
Breakdown of Sanity - Coexistence

www.youtube.com

スイスはベルン出身(たぶん)のメタルコアバンドです。

非常にドラマチックな展開と哀愁溢れるメロディーはわけわかんないくらい刺さります。

 

楽曲構成や展開がすごくかっこよくて、その緩急のつけ方や随所に入れてくるメロディーのセンスがとても良いです。

 
BABY METAL - Metal Resistance

www.youtube.com

みなさんおなじみのベビーメタルですね。女性3人と業界トップクラスのプレイヤーが集まっており、音源・ライブの質ともに高いんですよね。

 

メタリカのパロディーが入っていたり、KARATEがissuesだったりとある意味問題作なのですが、可愛いので万事OKです。

 

Fallujah - Dreamless

www.youtube.com

djentかテクデスかデスコアなのかよくわからない変態グループです。

スラッシーなリフから、突如メロディアスなフレーズを繰り出したりします。

静と動が混在している楽曲はたまらんのですよ。

 

女性コーラスが入ってきたりするのが憎いんですよねー

気持ちPSPoの劇中曲の女性歌手と声似てました。

神がかり的展開は圧巻の二文字ですね。

とりあえず聴け

 

Graupel - Etherial

www.youtube.com

アルバムじゃないんですけど凄いかっこよかったので紹介します。

日本の変態バンドです。

スラッシュやニュースクール系ギターワークからスタートしてタフなバースで攻めてきます。あと、ドラムでのリズム変化凄いですね。

随所にメロ入れてきたり、アクセントのきかせ方から並々ならぬなにかを感じます。

1:54~からのブレイクダウンやばすぎ。死人でそう。

 
Polaris - the guilt & The grief

www.youtube.com

オーストラリアのメタルコアバンドです。ギターにはあの有名youtuberが参加してます。

読み方がライアン君なのかリャン君なのかわかりません。たぶんライアン君です。

 

若き才能が繰り出す今作は今後の布石なのか才能の枯渇への一歩なのかわかりませんが、すごくよかったです。

そして何故か同郷のよしみでか、オーストラリアのノースレーンからvocalがfeatしてます。

feat曲が一番かっこよかったです。

 
issues - Headspce

www.youtube.com

www.youtube.com

オタク系ポストハードコアバンド降臨しました。ライブセットがポケモンだったのでビビりました。

新譜ではスクリームボイスをところどころ忘れたみたいです。どうしたこうなった。

 

ジャスティンビーバーがバンドのvocalやったらこんな感じなのかなーとか妄想してしまう感じです。

個人的にはすごく気に入ったので紹介します。

 

就職活動時は長距離バスの中で聴いて元気もらってました。

ベースは外見どうにかならんのか

 
Jason Richardson - I

www.youtube.com

www.youtube.com

最強の男が満を持してアルバム出してきました。ギターうますぎおじさんすぎて、ギターやめる決心をつけてくれました。

 

 このアルバムはfeat参加が非常に多くて、有名なアーティスト参加しまくってますね。

リック・グラハム先生は違和感ありましたが……

 

強烈なギターワークが聴きたいならこのアルバム聴けば間違いないです。

プレイヤーの方は聴いちゃダメです。

 
Meshuggah - The Violent Sleep of Reason

www.youtube.com

djentの開祖、プログレッシヴ人間国宝の新譜です。

並々ならぬ感性で繰り広げられる変拍子とごつ過ぎるリフ(最低音はたしかlowF)が飛び出してくるのはメシュガー節ですね。

圧倒的なテクニックがそれらを実現してます。

 

毎回思うんだけど何食べてたらこんな曲作れるのか

 
One morning Left - Metalcore Superstars

www.youtube.com

パーティ過ぎるアルバム出てきました。

もともとどんなバンドだったのか忘れるほどです。

前作でもEDM要素があったりすぎるのですが今作は度を越えてしまいました。

 

twitterで話題を集めたリコーダーブレイクダウンが収録されたアルバムです。

 

リフや構成、ヴォーカルワークなどどれをとってもハイレベルです。

正統派路線で行っても支持を受けられる実力があるバンドだと思いました。

 

あれはアルトなのかソプラノなのか知りたいです。

 
Periphery - Periphery III: Select Difficulty

www.youtube.com

グラミー賞おめでとうございます。

若手・中堅最強の呼び声高いペリフェリーのナンバリングセルフタイトル第三弾でました。

 

それぞれの個性が隠し切れない楽曲を上手く調和させていて凄く良いんですよ、ぺりは

セルフタイトル二枚目だけ好きな人は受け入れ難いと思います。

老害プログレ系おじさんは絶対手放しで喜びます。餌くれほいほい的なノリで。

 

前ヴォーカルに戻ってきてほしい思いを数年間募らせながら待ってます。

 
Sylar - Help!

www.youtube.com

これ最強でしたね、2016年個人的ぶっちぎりかもしれないくらい衝撃ありました。

清濁混合ヴォーカルの自在感とグルーブに溢れたリズム隊の素晴らしさに拳突き上げて合唱します。

 

サビがポップすぎる曲もありますが、そんなのは糞喰らえと打ち消すかごとくハードなギターワークを繰り出したりと楽しさ100倍でした。

 

ダウンテンポとかよりラップ好きな人のほうがハマりやすいんじゃないかな

 
宇多田ヒカル - Fantôme

www.youtube.com

宇多田さんのアルバム出ましたって感じです。

 

アルバム名が幻などを意味していて、宇多田さんの亡くなってしまった母を意識しているともっぱら噂です。

それとは対照的に一曲目などは非常に力強いスタートを切っていきます。

様々な楽曲が繰り広げられていき、バラエティに溢れていますね。

 

最後は桜流しで締めです。1曲目とは異なり、儚い、刹那的な感情が投影されていてその落差がより一層このアルバムをただものならぬ仕上がりにしています。

 

聴いた後のモヤモヤが凄いのでリラックスして聴きましょう。

 

amazarashi - 世界収束二一一六

www.youtube.com

今年二枚出してるので迷いましたがこっちで。

非常にハイペースでリリースしているバンドです。

ポエトリーなラップやスポークンパート、フォークソングよろしく弾き語っていく秋田ワールド全開です。

 

文学的表現に優れた歌詞で、きっちり韻を踏んで、聴かせるところは聴かせてきます。

あとアレンジセンスめちゃめちゃいいんですよ。恐らく、サポートギタリストの出羽さんが編曲してるはず……

 

まとめ

気に入ったものありましたか?

実は、今年はyoutubeでちょっと聴いただけみたいなアルバムがたくさんありました。(それだけ僕にとって今年は不作だったんですけど)

取り上げてない、あえて取り上げなかったアルバムも多いです。

全体として昨年の半分(だいたい50前後くらい)しか聴いてないので、見逃しもたくさんあったと思います。

 

みなさんもオススメあればぜひぜひ教えてください!