百万石タイムズ

チラシの裏

日ごろ悩んでいた集中力について

どうも、しまおです。最近更新してませんでしたが生きています。

あと、あけましておめでとうございます。

 

今年の目標のひとつにとにかく本を読もうというのがありまして、

おすすめの本などあればぜひ紹介してほしいと思っております。

 

今回は、集中力について書かれた本を読みましたのでその紹介をしますね。

 

 

メンタリズムを披露し、一躍有名人となったメンタリストDaiGo氏の本です。

この本は集中力に焦点をあげ、仕組みからそれを高める方法論が書かれています。

自分を操る超集中力

自分を操る超集中力

 

 

そもそも集中力に注目したきっかけ

僕はポンコツなので集中力がありません。ひとつの物事に何時間も取り組めません。

いくつかの作業を同時に並行してしまったり、やらなければいけないことを後回しにしてしまったり。

とにかく、一つのことに注力してささっとやり終えることが出来ないタイプです。

 

だらだら取り組んでしまって、出来上がったものはいまいち。そんな経験ばかりです。

集中力がない原因や、高めるとしたらどのような方法があるのか。それを考えていたときに出会ったのがこの本でした。

 

メンタリストDaiGoとは

一時期、テレビに引っ張りだこのタレントで、正直胡散臭い人だなーと思っていました。最近も淫行疑惑があったりと話題にこと欠かない人です。

 

簡単にプロフィールをあげると

・1986年生まれ

慶應義塾大学理工学部卒業

・新潟リハビリテーション大学特任教授

 

若いのになんか凄そうですね。

(理系出身なのに心理学に精通しているというのも謎なんですが)

 

彼、めちゃくちゃ読書をするそうです。読書費用に月100万円以上かけるとか…

その知識を活かして活動してるんですね。

加えて、一日何冊も本を読めるそうで、膨大な量のインプットが彼を成長させていると感じます。

その知識を活かして数多くの本を書いたり、大学教授や企業顧問などとして活動しています。

 

そんな彼が書いた本は間違いなく当たりでした。

 

超集中力を引き出すには

集中力に焦点をあげたこの本は様々な知識が載っています。

今回はその一部を紹介したいと思います。

 

意志力の源泉はウィルパワー

人間は行動するとき誰しも、考えて行動しますよね?

その源となるのがこのウィルパワー

 

本によると

  1. ウィルパワーの出所はたったひとつ
  2. ウィルパワーの総量には限界がある

そうです。

 

ウィルパワーは一日に決まった量しか使えない

悩んだり、考えたりすること時間が増えれば増えるほどこのウィルパワーは減少していきます。

 

例えば

  • その日の服装を決める
  • 一日の予定を計画する
  • たくさんあるタスクの順序を考える
  • やりかけの仕事を残す
  • 悩みを抱えてしまう

などですね。考えれば考えるほどウィルパワーは減っていきます。

そして、ウィルパワーが無くなってくると人は”先延ばし”にするそうです。

 

僕自身思い当たる節しかないのですが、たくさん物事に取り組んだり、考えるとめんどくさくなってくるんです。

 

ウィルパワーを鍛えるには

そんなウィルパワーですが、鍛えることができるそうです。

公式は非常にシンプルです。

 

ウィルパワーを増やす×ウィルパワーを節約する

 

「たったこれだけ?」と思われそうですが、これで集中力は鍛えられるそうです。

この2つを意識することで今まで以上に生産的な生活を過ごせることができるというのです。

 

ウィルパワーを増やす

ウィルパワーを増やすにはいくつか方法がありますが、そのなかでも今からでも実践できる方法を紹介します。

 

それは姿勢を気を付けることです。

 

なんでも日頃無意識にやっていることを「行わない」ようにすることに強い集中力を使うそうです。

 

その他には

  • 即断即決を心がける
  • 15分に一度くらい椅子から立ち上がる
  • 集中できる環境を作り上げる
  • ストレッチを行う

などが簡単に行えることです。本にはたくさんの仕組み作りが載っていますが、

上記のことを行うだけでも十分に集中力は増すと思います。

 

ウィルパワーを節約する

ウィルパワーを節約するには簡単です。

考えたり、悩む時間を減らせばいいのです。

 

方法としては

  • その日やるべきことを1つだけ決める
  • 雑事は一日の終わりにまとめて片づける
  • モノをためこまずに片づける・減らす

などが簡単に実践できそうですね。

 

僕は今まで余計なことに悩んだり、モノを散らかす癖があるから

ウィルパワーが減っていたのかと納得もできました。

 

まとめ

この本を読んでから、日常で心がけるだけで以前より集中度は増したと実感しています。

自分がなぜ集中できないのか、できないとしたら何が原因なのかがキレイに言語化されていました。

集中力の源ウィルパワーを鍛える方法論も簡単で、複数挙げられているのですぐにでも実践できることしかありません。

そして本自体が非常に読みやすい。ボリュームも十分なのにすぐに読み終えることができました。(この仕組みにも著者があるテクニックを使っています。)

 

そして、現代人は悩む機会が多いなと振り返って思います。

インターネットの全盛期まっただ中、情報過多な時代を生きていますから仕方のないことなんでしょうが……

しかし、いちいち悩んだり、考えたりしているのが馬鹿らしくなってきます。

その瞬間にも僕たちの集中力は奪われていることがわかりましたから。

 

 

さて、簡単にまとめて紹介しましたが、非常に面白く、生活に役立つことは間違いのない本です。集中力に興味がある方はぜひ手に取ってみてください。

 

自分を操る超集中力

自分を操る超集中力