読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

百万石タイムズ

チラシの裏

おすすめの麻雀戦術本(魔神、押し引き本など)

どうもしまおです。最近猛烈にラスを引きまくりました。

天鳳では5連続ラス。ここまで来ると病気ですね。

リアルでやっても最近の平均収支はー10くらいです。打たないほうがましですね。

 

ただ、麻雀に関しては結果論で考えていません。素人がプロに勝てるゲームです。

自分の打ち方など過程に目を向け、それが良ければ卑屈にならなくても良いんです。

 

ただ、僕の場合はおしゃべり・集中できない・ミス連発なのでゴミですね。

はやくなんとかしないと……

 

さて、そんな僕が紹介するおすすめの麻雀本です。

※麻雀本は基本的に戦術本と呼ばれます。それは大局的な観点にたった戦略的な本がないからです。

1局、あるいは1巡に目を向けた本ばかりです。(何切る?など)

長期的なゲームなら、順位や平均収支に目を向けた本がもっとあってもいいと思います。

 

では行きましょう。

※新しく読んだら追加します

 

1.魔神本

絶対おすすめです!

著者は渋川難波プロ。魔神の愛称で親しまれています。

その特徴と言えば寝癖っぽい魔神ヘアー(?)ですね。

 

彼は本当に強いと思います。特に仕掛け読みは半端じゃないですね。

多くのプロも場況把握力などは日本一と言うくらい(ということは世界一…?)

 

そんな魔神の考えを知るためにも彼の本は読むべきです。

特に赤祝儀あり、スピード重視の現代麻雀に必要不可欠な視点が多いです。

鳴きに関する技術は凄まじい。わずか一打から様々な情報を読み取ってしまいますから


天鳳魔神・渋川難波プロの驚異の仕掛け読みが炸裂!

 

麻雀 魔神の読み (マイナビ麻雀BOOKS)

麻雀 魔神の読み (マイナビ麻雀BOOKS)

 

 

麻雀 魔神の攻め (マイナビ麻雀BOOKS)

麻雀 魔神の攻め (マイナビ麻雀BOOKS)

 

 

2.福地誠の押し引き本

売れっ子麻雀ライターこと雀ゴロ福地誠の押し引き本です。

これマジでいいですよ。

 

内容は押し引きのみ。点棒状況や順位、巡目やドラ牌などに合わせて押すか引くのかを書いている。

その問題の豊富さだけでなく、自分の手、相手、順位が絡む押し引きに対応しています。

 

これを読んでからは、今までみたいに無駄な全ツや弱気な攻めが解消されつつあります。無駄に押さなくなったので放銃率も0.11くらいに抑えられてます。

 

俺は押し引きだけで買ってきたはパンチラインですね。

 

現代麻雀押し引きの教科書

現代麻雀押し引きの教科書

 

 

こっちもおすすめですね。

これだけで勝てる!   麻雀の基本形80

これだけで勝てる! 麻雀の基本形80

 

 

3.堀内正人本

1巡目から9索をポンする男。鳴き三色、鳴き一通は日常茶飯事。役牌バックは強者の証などなど。

著者堀内正人は僕が大好きな雀士です。

個人的には日本最強だと思っています。

最近はポーカーと株式に重点がいっているようでさみしいです。

 

特に良いなと思った点は

統計データと局収支MAX打法ですね。

デジタルの極みみたいな人です。(ごばごーと並ぶマシーンだと思ってます。)

 

堀内正人ならどうするのか、どういう方針で打っているのかが凄くわかります。

そして、出てくるデータは全暗記必須。

 

全ツorベタオリを長期的な方針とし、1局あたりの収支が最も高くなるように打つという。

仕組みはとてもシンプルだが、この完成度が高いだけで最強と呼ばれる。

ついたあだ名がインスタント麻雀

 

これを読んでからは、局収支を意識して打つようになりました。

数打ってなんぼの麻雀ですから100回同じ状況があるなら少しでも+になるよう打つべきだと思います。

あとは統計を引用したベタオリ方法ですね。これは防御に難ありなら参考になります。

 

良く鳴き、良く逃げる麻雀は最高です。

 

麻雀教えてくれるとなったら絶対行きますね。

 (生産終了してるみたいです。値段高騰中)

神速の麻雀 堀内システム51

神速の麻雀 堀内システム51

 

 

まとめ

麻雀戦術本は読むのが好きです。

実践して自分のものにできるまで時間はかかりますが、じっくりやっていこうかなと。

ひとまずの目標はラス率を下げることですね。いま0.24くらいあります。恥ずかしい。